ハーブについて

医薬部外品ブレンドハーブ

医薬部外品」認可の、浴用ハーブ「癒し」をキーワードに、11種の厳選ハーブを独自にブレンド。
自然の偉大な力で、人本来の健やかさと美しさを引き出すのが、YOSAハーブです。
このエッセンスを体全体に取り入れることで、究極のリラクゼーションをももたらし、肌もなめらかに。
健康のために自信を持っておすすめできる「医薬部外品」です。

11種類の天然ハーブ

11種類の厳選された「YOSAハーブ(医薬部外品)」の素材


トウキ <セリ科> ファイン/バーニング

漢方では、根を鎮痛・鎮静・生理痛など婦人病の薬に用います。又、葉や茎の持つ芳香には鎮静作用やリラクゼーション効果もあります。



センキョウ <セリ科> ファイン/バーニング
ハーブ イラスト

トウキなど他の生薬と配合することで血管を広げ、血液の循環を良くする働きがあるため、漢方では婦人病の症状を改善する薬として使われています。



チンピ <ミカン科> ファイン/バーニング
ハーブ イラスト

ウンシュウミカンの成熟した果実の皮を干したもの。爽やかな香りによるリラクゼーション効果と共に、皮に含まれるクエン酸やビタミンCの働きで美肌効果が得られます。



チョウジ <フトモモ科> ファイン/バーニング
ハーブ イラスト

クローブとも呼ばれ、スパイスとして古くから使われてきました。健胃薬・体の冷え改善に使用されます。
又、チョウジ油の成分には、皮膚を清浄にする働きがあります。



ガイヨウ <キク科> ファイン/バーニング
ハーブ イラスト

モギの葉を乾燥したものです。煎じて飲む他に塗り薬として傷などにも効く万能薬です。体を温めて血行を良くし冷えからくる諸症状を改善し、肌の乾燥などにも効果があります。



カミツレ <キク科> ファイン/バーニング
ハーブ イラスト

ヨーロッパではカモミールとして古くから様々な病気の治療薬として利用。又、ハーブティーで飲んだり、入浴剤としても使用し肌を滑らかにし、腰痛・リウマチなどの改善にも効果大。



ウイキョウ <セリ科> ファイン/バーニング
ハーブ イラスト

別名フェンネルとも呼ばれ、スパイスとして広く使われます。独特の爽やかな香りを持つ健胃薬として、又、抗菌作用により外傷にも効果あり。



トウヒ <ミカン科> ファイン/バーニング
ハーブ イラスト

ダイダイの成熟した果実の皮を乾燥させた物。健胃薬として用いられる他、自律神経の緊張をほぐし、爽やかな香りには、リラクゼーション効果もあります。



ビャクシ <セリ科> ファイン/バーニング
ハーブ イラスト

葉が重なり合う様子が鎧に似ている事から名付けられたヨロイグサの根を乾燥させたものです。
皮膚に潤いを与え・かゆみを抑え・肌をしっとりさせる効果があります。



インチンコウ <キク科> ファイン/バーニング
ハーブ イラスト

秋に咲くカワラヨモギの花を夏のうちに蕾の状態で摘み取り、乾燥させたものです。
肝臓の機能改善や皮膚の乾燥肌・あせも・湿疹などの改善に浴用として使用されます。



ケイヒ <クスノキ科> バーニング
ハーブ イラスト

別名シナモンとも言い、独特の香りと甘辛い味で古くから世界各国で用いられてきました。
血行を良くして新陳代謝を高める作用があり、冷え性の改善に効果的です。